お勧め財務/金融系の資格/検定:ビル経営管理士情報

ビル経営管理士/財務・金融系資格

下記が、ビル経営管理士の概要になります。

 

資格/検定名

ビル経営管理士

資格/検定概要

(財)日本ビルヂング経営センターが国土交通大臣登録証明事業として行っている公的資格で、ビル経営に関する企画・立案から賃貸営業及び管理・運営に至るまで、プロパティマネジメントのエキスパートとして必要な知識と経験を有する者に与えられる資格

資格の種類

公的資格

受験資格

特に制限はなし
但し、合格後の資格登録には一定の実務経験が必要

願書受付
・方法等

10月上旬〜下旬頃

受験区分等
試験期日

12月中旬

試験科目・
内容・方法等

賃貸オフィスビルに関する
1.企画・立案 (択一式、用語選択式)
2.賃貸営業 (択一式、用語選択式)
3.管理・運営 (択一式、用語選択式)
4.総合記述 (上記3科目を一括した記述問題)
※「ビル経営管理講座」修了者は、総合記述の試験が免除

試験時間
合格基準
・レベル

合格率は65%前後

合格発表

1月下旬
※試験合格後の「ビル経営管理士」資格登録は、階数が5以上で、延べ面積が1,000 uを超える賃貸ビル経営管理の業務に現に従事している方、過去に従事していた方、又は今後従事しようとしている方で、次の条件のいずれかを満たす方が受けることができます。
(登録欠格事由 該当者を除く)
1.賃貸ビル経営管理に関し3年以上の実務経験がある方。
2.賃貸ビル経営管理に関し2年以上の実務経験があり、かつ、センターのビル経営管理講座を修了している方。
3.不動産経営管理に関し5年以上の実務経験があり、その間に、賃貸ビル経営管理に関し2年以上の実務経験がある方。
4.不動産経営管理に関し5年以上の実務経験があり、かつ、センターのビル経営管理講座を修了している方。
5.不動産特定共同事業に係る業務に関し2年以上の実務経験がある方。
6.不動産投資顧問業登録規程に基づく登録を受けた総合不動産投資顧問業に係る業務に関し3年以上の実務経験がある方。
◆登録申請は、合格発表日の翌日から1ヶ月間
※登録有効期間は5年間で、5年毎に更新登録が必要

受験料

31,500円(税込)

試験場所

札幌、仙台、東京、大阪、名古屋、福岡

実施団体等

(財) 日本ビルヂング経営センター

ビル経営管理士情報個別ページ一覧