お勧め財務/金融系の資格/検定:国際公認投資アナリスト(CIIA)情報

国際公認投資アナリスト(CIIA)/財務・金融系資格

下記が、国際公認投資アナリスト(CIIA)の概要になります。

 

資格/検定名

国際公認投資アナリスト(CIIA)

資格/検定概要

ACIIA(CIIAを管理・運営する目的で設立された非営利法人/本部スイス)によって運営・推進されている国際公認投資アナリスト(CIIA)は、国際的に認められた証券アナリストの資格です。
ACIIAは、世界34ヶ国の証券アナリスト協会と、アジア・ヨーロッパの2証券アナリスト協会連合会からなる36メンバーで構成されており、一部のACIIAメンバー協会では、外国のCIIA保有者に対して自国の資格試験の一部免除を行い、一定レベル以上の証券アナリストとしての知識・技量を保有していると認識されるなど、資格保有者にとっては国際的に活躍できるチャンスも広がります。

資格の種類

民間資格

受験資格

証券アナリスト協会の検定会員(CMA)であること
これによって基礎試験は免除となり、最終試験のみでCIIA資格を取得できます。

願書受付
・方法等

常時受付だが、申込日により試験日程が定められています
[申込期限]:
@〜12月末(翌3月試験)
A〜6月末(9月試験)

受験区分等

国際公認投資アナリスト

試験期日

@3月中旬(出題・解答とも日本語)
A9月中旬(出題は英語、解答は日本語または英語)

試験科目・
内容・方法等

◆第1単位:
・コーポレート・ファイナンス
・経済
・財務分析
・株式分析
◆第2単位:
・債券分析
・デリバティブ分析
・ポートフォリオ・マネジメント

試験時間

◆第1単位:3時間
◆第2単位:3時間

合格基準
・レベル

試験問題は各国協会の専門グループから出題された問題の中から選定されるため、より国際的に幅広い問題で構成されており、合格率は年ごとにかなりばらつきがあります。
※英語で出題される9月の試験は、3月に比べると合格率が低い傾向になっています。
2011年3月の合格率
[第1単位]:79.2%
[第2単位]:63.4%
2010年9月の合格率
[第1単位]:24.1%
[第2単位]:42.3%
2010年3月の合格率
[第1単位]:59.1%
[第2単位]:77.2%
2009年9月の合格率
[第1単位]:29.3%
[第2単位]:11.1%
2009年3月の合格率
[第1単位]:29.1%
[第2単位]:58.2%

合格発表

@5月末(3月試験)
A11月末(9月試験)

受験料

参加登録の有効期間は、登録申込後、その登録者に対して連続10回(5年間)の受験機会が与えられた時までです。
1回の試験で2単位とも同時に受験し、あるいは単位ごとに別々の試験機会に受験することができますが、登録から受験機会10回以内(5年間)に2単位とも合格する必要があります。
登録から5年以内に2単位合格とならない場合、再登録を申込み試験を受けることになります。
また、再登録した場合には、過去の合格実績は引き継ぐことになります。
◆登録料(5年間有効):35,000円
◆再登録料)5年間有効)
□合格単位のある場合:20,000円
□合格単位のない場合:30,000円
◆受験料
□第1単位または第2単位いずれか一方の受験:15,000円
□第1単位、第2単位両方の受験:25,000円

試験場所

東京、大阪、ニューヨーク、ロンドン、香港に設置
そのほか、パリ・フランクフルトなどACIIA加盟協会の所在地での受験も可能

実施団体等

公益社団法人 日本証券アナリスト協会

国際公認投資アナリスト(CIIA)情報個別ページ一覧