お勧め財務/金融系の資格/検定:公認不正検査士(CFE)情報

公認不正検査士(CFE)/財務・金融系資格

下記が、公認不正検査士(CFE)の概要になります。

 

資格/検定名

公認不正検査士(CFE)

資格/検定概要

アメリカに本拠地を置く[公認不正検査士協会(ACFE)]が認定を行っている、不正対策に重要な4つの分野(会計知識、法律知識、犯罪心理学、調査手法)について豊富な知識を有する、コンプライアンスや監査などのいわゆる内部統制全般の専門資格

資格の種類

民間資格

受験資格

下記の要件を満たすことが必要になります。
・公認不正検査士協会(ACFE Japan)の会員(個人・法人)であること
・協会が定める[資格点数]を40点以上保有していること
(学歴・公認会計士などの専門資格・関連業務経験によって点数が決められている)
さらに、CFE資格の認定を受けるには、下記の要件が必要になります。
・CFE資格試験に合格していること
・2年以上の不正対策関連業務経験を含む50点以上の資格点数があること

願書受付
・方法等

@2月上旬〜3月上旬
A8月上旬〜9月中旬

受験区分等

公認不正検査士

試験期日

@4月中旬の2日間
A10月中旬の2日間

試験科目・
内容・方法等

[問題数]:各科目125問
[解答方式]:全てマークシート方式による4択もしくは2択での選択形式
◆財務取引と不正スキーム
・会計
・財務分析の基本
・監査基準の概要
・各種不正スキームに関する知識など
◆不正の法的要素
・法制度の概要
・不正に関する法律
・調査における個人の権利
・訴訟手続き
・雇用/IT関連法など
◆不正調査
・書類証拠の取り扱い
・面接調査
・情報源の活用
・不正取引の追跡調査
・調査報告書作成のポイントなど
◆犯罪学と倫理
・人間行動の理解
・犯罪原因論
・ホワイトカラー犯罪
・職業上の不正
・不正防止プログラム
・不正検査士の倫理など

試験時間

各科目2時間

合格基準
・レベル

各科目75%以上の正答率(94問以上正解)で合格

合格発表

受験日から約3週間〜4週間後に郵送
※不合格となった科目は、初回受験を含め、連続3回以内に合格しない場合、全ての科目の合格分は無効となります。

受験料

□初回受験
CFE資格試験を受験される方は、ACFE会員であることが必要なため、事前にご入会手続きが必要となります。
※受験登録料(初回のみ):5,250円
4科目受験料:5,250円×4科目=21,000円
◆初回受験料合計(個人会員):26,250円
◆初回受験料合計(法人会員所属員):21,000円
※法人会員メンバーは受験登録料が免除
□2回目以降の科目受験(連続受験)の方
◆科目受験料:1科目 5,250円

試験場所

東京、大阪

実施団体等

一般社団法人 日本公認不正検査士協会

 

日本公認不正検査士協会

公認不正検査士(CFE)情報個別ページ一覧