お勧め財務/金融系の資格/検定:小売業計数能力検定情報

小売業計数能力検定/財務・金融系資格

下記が、小売業計数能力検定の概要になります。

 

資格/検定名

小売業計数能力検定

資格/検定概要

流通・小売業に携わる社員の方が、日々の仕事の改善や問題解決に活かせるよう、実用計数能力を向上させることを目的としている能力検定

資格の種類

民間資格

受験資格

特に制限はなし

願書受付
・方法等

@8月中旬〜9月下旬
A12月上旬〜翌1月中旬(初級・中級のみ)

受験区分等

初級、中級、上級

試験期日

@10月下旬
A2月中旬(初級・中級のみ)

試験科目・
内容・方法等

出題形式:
正誤式、穴埋式による問題ならびに計算問題と記述問題
◆初級:
@店舗の利益構造の理解
A売上高の分解
B値入計算
C荒利益高計算
D販売ロスの改善
E歩留まり計算
F予算を通じて売上高をつかむ
G実績管理
◆中級:
@販売の仕組みの基礎計数
販売/原価/荒利益高など
A売上高に関する基礎計数
客数/客単価/ABC分析など
B荒利益高に関する基礎計数
値入率/売価変更/ロス率など
C販売効率(生産性)の基礎計数
商品/売場など
◆上級:
@店の政策立案とマネジメントの重要性
A計数を活用した現状の把握と分析、店の損益の見方と分析(部門、月次)
B利益計画の立て方
C売上計画の立て方
D仕入計画の立て方
E要員計画の立て方
F経費計画
G差異分析と進行管理
H利益改善の視点と計数の活用
I財務諸表の基礎

試験時間
合格基準
・レベル

全級共通:100点満点で合格ラインは70点以上
※各級のレベルと対象者
◆初級:
流通・小売業における計数の基礎を知り、売上高・値入高・荒利益高などを理解しているレベル
・流通関係を目指す方・内定者・パート・学生
◆中級:
小売業における計数の基本を知り、販売効率や売価管理などを理解しているレベル
・売場を任された一般社員または責任者(売場チーフ等)クラス
◆上級:
部門や店舗全体の売上計画や効率を捉え、改善・コントロールすることのできるレベル
・売場を統括する部門長または店長クラス(または中級合格者)

合格発表

@11月下旬
A3月中旬

受験料

◆初級…3,150円
◆中級…5,250円
◆上級…7,350円

試験場所

@東京・大阪
A東京のみ

実施団体等

(社) 公開経営指導協会

小売業計数能力検定情報個別ページ一覧