お勧め財務/金融系の資格/検定:金融窓口サービス技能士情報

金融窓口サービス技能士について

金融窓口サービス技能士とは、
厚生労働省認定の国家資格であり、社団法人金融財政事情研究会が実施する、
金融窓口サービス技能士に関する学科及び実技試験に合格した者の事です。

「テラー技能審査」に代わり、平成14年度から登場したばかりの新しい資格です。

銀行などの金融機関などで、預金、為替、証券などを取り扱う人や
窓口担当者(テラー)として勤務する人を対象としています。
金融サービス系の職種では初めての国家資格なので注目度も高く、
金融サービスでの仕事を希望している人にとっては、非常に有利な資格です。

金融窓口サービス技能士3級の試験概要について

金融窓口サービス技能士3級の試験概要は、下記の通りです。

資格名金融窓口サービス技能士3級
資格の種類国家資格
受験資格
3級
学科・実技試験とも同様
・金融機関に勤務している者または勤務しようとする者
(注)実務経験を有する者とは:
金融機関において、窓口サービス業務(テラー業務・金融商品コンサルティング業務・渉外業務)又はこれに類する業務に携わった経験がある者
*自己申告制で、第三者による証明は不要
*実務経験年数は、受検申請受付最終日現在
試験内容
学科試験
3級
学科試験と実技試験ともに選択科目方式になっており、受検申請の際に試験科目(テラー業務あるいは金融商品コンサルティング業務)を選択
*学科試験は、テラー業務と金融商品コンサルティング業務に共通する問題が出題される「共通編」と、それぞれの選択科目(テラー業務あるいは金融商品コンサルティング業務)に特化した問題が出題される「選択科目編」にて構成
*学科試験と実技試験は、それぞれ合否判定を行う
*学科試験と実技試験は同じ日に受検可能
【テラー業務】
「共通編」
1.投資型金融商品を取り巻く環境
・金融自由化の変遷等
・各業態の特徴と取扱い商品
・セーフティネット
・取引の相手方
2.投資型金融商品及び保険商品の仕組みと特徴
・証券関係商品
・保険関係商品
・預金関係商品
・金融商品の有するリスクの要因及び金融市場の関係
3.販売/勧誘ルールの基本
・金融商品販売/勧誘に係るコンプライアンス

「テラー業務編」
4.窓口事務
・テラーの役割と心構え
・事務取扱い上の注意点
・諸届/事故届けの取扱い
5.預金業務
・各種預金取扱いの注意点
・当座勘定取引
・利息計算等
6.相談業務
・各種金融商品
・金融商品に対する税金
7.セールス
・個人取引推進の考え方
・個人向けセールスの展開
・年金の知識
・各種ローン
8.関連業務知識
・手形/小切手
・内国為替業務
・付随業務/関連業務
・金融政策等
・安全衛生

【金融商品コンサルティング業務】
「共通編」
1.投資型金融商品を取り巻く環境
・金融自由化の変遷等
・各業態の特徴と取扱い商品
・セーフティネット
・取引の相手方
2.投資型金融商品及び保険商品の仕組みと特徴
・証券関係商品
・保険関係商品
・預金関係商品
・金融商品の有するリスクの要因及び金融市場の関係
3.販売・勧誘ルールの基本
・金融商品販売/勧誘に係るコンプライアンス

「金融商品コンサルティング業務編」
4.金融商品コンサルティングの基本と金融市場/リスクの理解
・金融商品コンサルティングの基本
・金融商品に係るリスク
・各種金融指標/相場の見方
5.金融商品販売の知識
・顧客ニーズの把握
・セールス展開の基本
6.金融商品コンサルティング業務に係る各種法規制の概要と業規制
・金融商品取引法
・金融商品販売法
・銀行法
・保険業法
・消費者契約法
・各種法規制との適用関係
7.金融商品コンサルティング業務に係る各種規制と顧客保護
・広告/標識に関する規制
・説明義務等
・適合性の原則
・各種の禁止行為
・その他の行為規制
・法令違反による効果等
8.クレーム処理
・クレームの発生要因
・クレームへの対応
・クレーム処理制度
・その他
試験内容
実技試験
3級
【テラー業務】
1.基本的応対
*顧客の迎入れから送出しに至る過程における基本的応対ができること
2.事務手続/実務知識
*窓口における基本的な事務手続・実務知識を正しく理解できていること、及び基本的な金融商品の利息計算ができること
3.商品知識
*銀行取扱商品と競合する代表的な商品の基本的な内容を説明できること
4.情報収集・活用能力
*事務処理を円滑に進めるための情報を収集し、活用できること
5.セールス姿勢・展開力
*基本的な商品のセールス・提案ができること

【金融商品コンサルティング業務】
1.投資型金融商品知識
*投資信託等、投資型金融商品に係る正確な商品知識に基づき、顧客に対する適切なコンサルティング業務が遂行できること
2.コンプライアンスに則ったコンサルティング
*適合性の原則等、コンプライアンスに則った金融商品の提案ができること
3.説明技能
*金融商品に係る基本的な説明義務を理解し、顧客に対して説明ができること
4.提案技能
*顧客のニーズに応じた金融商品を選択し、基本的な提案ができること
5.クレーム対応力
*金融商品の販売に関し、顧客からのクレームを受けた場合、苦情等の内容を理解し、管理者に取り次ぐことができること
出題形式
学科試験(3級)
【テラー業務】
マークシート方式による筆記試験
共通編:
○×式10問
三答択一式10問
テラー業務編:
三答択一式15問
語群選択式(三肢)15問
計50問

【金融商品コンサルティング業務】
マークシート方式による筆記試験
共通編:
○×式10問
三答択一式10問
金融商品コンサルティング業務編:
三答択一式15問
語群選択式(三肢)15問
計50問
出題形式
実技試験(3級)
【テラー業務】
マークシートによる筆記試験
事例問題10題
1題につき小問は3問
【金融商品コンサルティング業務】
筆記試験
事例問題5題程度
1題につき小問は4問
合格基準
学科試験(3級)
【テラー業務】
100点満点で70点以上
【金融商品コンサルティング業務】
100点満点で70点以上
合格基準
実技試験(3級)
【テラー業務】
100点満点で70点以上
【金融商品コンサルティング業務】
100点満点で70点以上
申し込み期間
3級
学科/実技試験:年2回
【テラー業務】
・3月中旬〜4月上旬頃
・11月上旬頃〜12月上旬頃
【金融商品コンサルティング業務】
・3月中旬〜4月上旬頃
・11月上旬頃〜12月上旬頃
試験日程
3級
学科/実技試験:年2回
【テラー業務】
・5月下旬頃
・1月下旬頃
【金融商品コンサルティング業務】
・5月下旬頃
・1月下旬頃
合格発表
3級
学科/実技試験:年2回
【テラー業務】
・6月下旬〜7月上旬頃
・2月下旬〜3月上旬頃
【金融商品コンサルティング業務】
・6月下旬〜7月上旬頃
・2月下旬〜3月上旬頃
受験料
3級
【テラー業務】
学科:3,800円
実技:4,000円
【金融商品コンサルティング業務】
学科:3,800円
実技:4,000円
受験地全国主要都市
問合せ(社)金融財政事情研究会

金融窓口サービス技能士情報個別ページ一覧